「昔話?」


『うんー…。

ーー…むかし、むかし、あるところに独りぼっちの子供がいました。』




********




ーーーいつも、独りだった。




『………はぁ。』


小学三年生で、ため息がクセだった。



その頃はもう大学を卒業していて、
先生や周りの大人はムダに優しい。



でも同年代の子供からは



「鈴ちゃんズルい。」

「いっつもアイツだけいい目をみてるよね。」


なんて言われてた。




でも、慣れてた。



大学でも浮いてたから。






この作品のキーワード
男装  男子校  黒猫  魔女  猫気質  最強  不良  ピンク13 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。