ただ闇を見つめる少女



――…一切の光を拒絶し

人とは一線をおく…――




「私はあなた達とは違う。

私に関わるべきじゃない…」





そんな彼女の前に現れた男


その雰囲気は何者をも包み込む



「知るかよ。俺はお前が

必要なんだよ。」


そして――…

二人の意外な繋がりとは??










もう一つの本

「もう一度、名前を呼んで。」

と少しつなげる予定です!







02/24 完結しました。

2012.06.03 熟考の末ジャンル変更。


この作品のキーワード
ヤンキー    暴走族  不良  殺し屋