家に帰ってベッドに寝転んだあたし。



あたし、光夜とヤっちゃったんだ……。



下半身に感じる違和感にキュンと胸が締め付けられた。



そのまま寝ちゃったあたしは起きてからシーツを買いにいった。



でもまだお昼になってないから光夜の家にはいけないし、時計とにらめっこしながら時間が来るのを待った。







この作品のキーワード
お隣さん  ホスト  イケメン  年の差  奴隷  絶対服従  一途  めげない  諦めない  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。