*。・゚*゚・。*゚・。*゚・。*゚・*。・*゚・。*゚・。*・゚*。*・゚


「僕はキミの支えになれるだろうか。」



―明日どうなるかなんて誰にも分からない…
それでもキミを支えることが出来るのなら、僕は明日を喜んで迎える……






*。・゚*゚・。*゚・。*゚・。*゚・*。・*゚・。*・゚*。・*゚・。*゚


駄文申し訳ありません(__)
読んでいただけるだけでも感謝です(^-^)

この作品のキーワード
孤児  明日  悲しい  病院