自分の母から虐待を受けていた少女



雛森 梓(ヒナモリ アズサ)


……彼女が自ら命を絶った日―




彼女の人生が大きく変わる…!!





雛森 梓
「私は人なんて信じない」


高杉 晋作
「俺はお前を信じてやる」


吉田 稔麿
「僕は君を裏切らないよ」


彼らと出逢うことにより、梓の心は少しずつ色づいていく―





今回は新撰組ではなく、倒幕派の話です!


もうひとつの作品が完結していない、中途半端な状態で書き始めます。


申し訳ありません。


二作とも、ぼちぼち進めていこうと思います。



それでは

『桜日記―幕末伝―』

どうぞご覧下さい!!

この作品のキーワード
幕末  倒幕派  高杉晋作  吉田稔麿  新撰組