次の日、部長はすっかり風邪が治ったみたいでいつも通り出社していた


(良かった…そういえばお粥食べてくれたかな?)


気になったけど、仕事中話しかけてもまともに取り合ってくれるとは思えなかったので、お粥の感想を聞くのは諦めた


(ま、元気になったんだしどうでもいっか)


そう思った私は、拓海とのことについて考え始めた




今日、拓海に別れを告げる




最近ずっと拓海のことを考えていたけど、どうしても許すことが出来なかった


私の過去を知っておきながら、浮気した拓海が…



.

この作品のキーワード
三角関係  社内恋愛  社会人  裏切り  別れ  部長  一途  上司