しばらく沙織の家に泊めてもらうことになった


早く家探さなきゃ…


荷物は拓海が家にいない間に取りに行くつもり


あれから拓海とは連絡を取っていない


社内ですれ違っても前みたいに微笑み合うこともない


それどころか目を合わすことすらない


たまに視線は感じるけど…


もう拓海とは終わったんだ――



.

この作品のキーワード
三角関係  社内恋愛  社会人  裏切り  別れ  部長  一途  上司