俺の中で確実に何かが変化している


こんなにあいつに執着するなんて、あいつと出会うまでの俺だったら考えられなかった


あいつが何を抱えてるのかは分からない


でも最近のあいつの暗く沈んだ表情を見ると、どうしても放っておけなくなる


あいつは他の女とは違う


人に弱音を吐いたり、媚びを売ったり、そんな女どもとは違う


今にも崩れ落ちそうな体で闇を背負い、そこから抜け出そうと必死でもがいている


そんな姿を見ると手を差し延べてやりたくなる


抱きしめてやりたくなる


“一人じゃない、俺がいる”

って言ってやりたくなる



この気持ちは何と呼べばいいのだろう?



.

この作品のキーワード
三角関係  社内恋愛  社会人  裏切り  別れ  部長  一途  上司