部長と話した日の夜、拓海から携帯に着信が入っていた


かけ直したりはしない


あれから何度か電話があったが、一度も出ていない


出れば拓海が言う台詞は決まっている



――もう二度としない。だからやり直そう。――



それを聞けば私の心が揺れることも分かってる


そりゃあ浮気なんて許せるはずがない


でも好きだったから…大好きだったから……そんなことを言われたら私はまた拓海の元へ戻るだろう


そうなったらまた傷つく


これの繰り返し


拓海がまた浮気するとは限らない


けど、一度浮気した人をまた信じることは出来ない


もう二度と傷つかないように拓海との関係は全て断ち切る


そう心に決めた私は拓海の携帯番号、メールアドレスを消去した



.

この作品のキーワード
三角関係  社内恋愛  社会人  裏切り  別れ  部長  一途  上司