10分くらいすると玲美が出てきて俺の車へと向かってきた。



俺はそれに気付いて車からおり、助手席のドアをあける。



玲美が乗り込むとドアを閉め、自分も車に乗り込み車を走らせた。






「玲美、お疲れ様」


「うん」


「ちゃんとオムライスの美味しいお店予約しといたからね。ツバサが喜んでくれるといいけど」





この作品のキーワード
秘密  元カノ  元カレ  最愛  再会    最低男  切ない  過去  幼なじみ