俺は寝室まで玲美を引っ張ってきた。



どうしていいか分からない。



でももう自分でも自分が止められないだ。



壊れたふりをするつもりが本当に壊れたのかもしれない。



ううん、俺は壊れたいんだ…。



俺は玲美をベッドに投げ飛ばしてすぐにおい被さった。



玲美は驚きの表情で俺を見上げてきた。





この作品のキーワード
秘密  元カノ  元カレ  最愛  再会    最低男  切ない  過去  幼なじみ