夕暮れ



2階渡り廊下向こうの
図書室。



静かな空間
窓際の席



そこに君が座ってる。



見つめるだけの
片想い



本日三年目に
突入いたしました。



あなたはきっと知らない



でも。



私、今日もあなたに
恋してる。





fin. 10.11.22


完結に伴い、心温まる感想やレビューを沢山頂けて嬉しかったです。
ありがとうございました*

12.3.27
【野いちごオススメ小説】に
選ばれました。
ありがとうございます
憧れだったので嬉しいです!

この作品のキーワード
恋愛  高校生  短編  図書室  哲学  夕暮れ  眼鏡  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。