完読ありがとうございますm(__)m

価値観の違う3人のお話でした。


晴斗は大卒後、沙希は高卒後に専門学校に入学しました。
なので2人の実年齢は少し違います。

晴斗と紗希は恋愛どうこうというより、親友という感じです。
恋人より家族のような関係。

晴斗は紗希の腕を素直に認めていて、それで彼女にカフェを譲ろうとしました。
結果、ふられてしまいましたが(笑)。


それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。
またお会いできれば嬉しいです。

阿部ねねこ(ne-ne)

この作品のキーワード
年の差  カフェ  切ない  同情  価値観