遼吾の家にいくなり私は遼吾に抱かれた。



受け入れたものの、この間とは違うものを感じた。



私は遼吾に抱かれるのを嫌だと思いながら抱かれた。



はじめての時はこんな気持ちなんて湧いてこなかったのに。



それでも私は自分の気持ちに蓋をしようとした。



忘れよう…。






この作品のキーワード
三角関係  暴走族  ヤンキー  不良  総長  中学生  純愛  強引  俺様  命がけの恋