家に帰って携帯をひらくと遼吾からの着信履歴があった。



バイクに乗っていたから気づかなかったみたい。



私はすぐさま遼吾に電話をかけると、案外早く電話にでてくれた。



もしかしたら、私からの電話を待っていてくれたのかな。






「もしもし、遼吾。ごめんね。電話気づかなかった」


「ああ、どっか行ってたのか?」


「うん」





この作品のキーワード
三角関係  暴走族  ヤンキー  不良  総長  中学生  純愛  強引  俺様  命がけの恋