翌日、学校へ行くとアズサに昨日の男はだれなのか聞かれた。



はじめて会ったときに名前を名乗られたような記憶はあるけど、そんなの忘れるどころか覚えてもいなかった。



覚えているのは花山工業の2年だということだけ。



遼吾のひとつ下。



その男がまた放課後、昨日と同じ場所で私を待ち伏せしていた。






この作品のキーワード
三角関係  暴走族  ヤンキー  不良  総長  中学生  純愛  強引  俺様  命がけの恋