私はクレープを食べ終わってバイクで送ってもらった。



なんとなくお兄ちゃんにバイクの音を聞かれたくなくて少し離れたところでおろしてもらった。



家に帰ると、お兄ちゃんと遼吾がいて驚いてしまった。





「ただいま。あれ?遼吾……来てたんだ」


「美春、やっと帰ってきたか。遼吾を待たせるなんてお前くらいだぞ」






この作品のキーワード
三角関係  暴走族  ヤンキー  不良  総長  中学生  純愛  強引  俺様  命がけの恋