翌日、私は遼吾に言われた通り学校が終わると教室から電話をかけた。



迎えにきてくれるっていってたから、もしかしたらあの男と会ってしまうかもしれない。



あの男が今日も待ち伏せていたらの話だけど。



そうなったらどうしょうと心配に思ってる私がいた。



別に浮気をしてるつもりもないし、彼氏がいることもはっきり告げてあるけど…。





この作品のキーワード
三角関係  暴走族  ヤンキー  不良  総長  中学生  純愛  強引  俺様  命がけの恋