遅い・・・。



俺--藤堂 真湖斗はただいま貧乏ゆすり中。



優美が送別会行くって言ってから五時間・・・。



電話がねぇ!



俺は優美のケータイに電話。



トゥルルルル トゥルルルル トゥルルルル



ガチャッ



出た!



「もしもし?」



優美じゃない・・・。



「あのー、どちら様でしょうか・・・」

<あ、優美の同僚でーす!>

「あの、優美は・・・」

<内村さん酔いつぶれちゃって・・・>

「あ、じゃあ迎えに行きます!『居酒屋 のっぽちゃん』ですよね?」

<はい、よろしくお願いします・・・>



まったく優美は・・・。




「すみませーん!優美がお世話に・・・・っ?」



うそだろ、おい・・・。



『居酒屋 のっぽちゃん』の店先で見た光景・・・。



なんで・・・。