そして、仁王立ちになって、威圧感たっぷりにあたしを見下ろす。


「初めての恋。
初めての彼氏――…って、やつに」


そんな言葉を、小さく小さく口にして――…


「相手は誰でもよかったんだろ?」


黒あくまは、あたしの頬に手をあてた。


「だったら、俺がもらってやるよ」


「…え?」


「おまえの涙も」


黒あくまはそう言って、あたしの零した涙をすくいとり、


「見せたことのない、聡の泣き顔も」


それを唇に押し当てた。