彼女・・・とありますが、いわゆる「恋人」ではありません。

知り合ったのは約10年前。

当時はいたいけな?乙女だった彼女も、今や立派なアラサー独女。

「早く結婚したいな♪」

「結婚できるんやろか・・・」

「結婚?何それ?」

と、口癖も変化してきました。

外見はむしろ美人のクラスに所属するにもかかわらず、彼女が今も一人でいる理由。

それは「残念」であること。

私とは年に数回、電話で近況を報告するような関係ですが、その会話の至る所に「残念」が滲み出ていることと思われます。

では、その一部を紹介していきましょう。



※全て会話文です。

Y=彼女のイニシャル。

この作品のキーワード
会話文  残念  漫才  告白  電話