どうにか支社での仕事も終わり地下鉄から乗り換えたアタシたちは大阪駅に立つ。

外はもうだいぶ日が暮れていた。


駅の時計を見る。

もう5時か…。


「緊張して疲れたんじゃないのか?
今日はもう時間だしこのまま直帰でかまわないから」


時計を見ていたアタシに気遣ってか支店長はそう言った。


この作品のキーワード
年の差  社会人  バイト  高校生  旅行代理店  笑顔  初恋