男たちから逃れようと身体をめくらめっぽうに動かす。



何を注射した……の……?



だんだんと身体の中が熱くなっていく。



短髪男がティナの唇を指で触ると、官能的な感覚が走る。



いやっ!怖いっ!レオン様っ!



短髪男の唇がティナの唇に重なる。



口をぎゅっと結んでいても短髪男はそれを許さず、舌を入れ口内を堪能し始める。



ティナの抵抗する意識は朦朧としていき、うっとりするような感覚を受けはじめる。



だんだんと受け入れられるキスに短髪男はキスを止めて



「本当に可愛らしい人だ」



と呟く。




この作品のキーワード
ヴァンパイア  異世界  美形  皇帝  甘い  吸血鬼 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。