トオルくんと会ってから数週間経った。


「今日はイヤな天気だね」


 お兄ちゃんが朝ごはんのお味噌汁を飲みながら、窓の外を見ている。


 そうだ、とお兄ちゃんが思い出したように振り向いた。


「亜季今日休みだよね?

一人でいい子にしてるんだよ? ちゃんと家で待ってるんだよ?」


 あたしの目をジッと見てきて言ってくる。うん、と頷くとお兄ちゃんは笑顔になった。



 優しい笑顔。


 あたしを大事にしてくれるお兄ちゃんの笑顔。



 ――なのに、最近何だか怖く感じるのは何故だろう?



この作品のキーワード
お兄ちゃん  ヤンデレ    兄妹