「亜季……」



 優しい声が聞こえる。

 その声の主を見て、あたしは驚愕した。




 なぜ、ここにいるの……?




「お兄ちゃん……」




 お兄ちゃん、どうしてここにいるの?



「他の男と付き合ったらダメだって、言ったのに……」


 お兄ちゃんが困ったように眉を下げた。


「……!!!!」




 お兄ちゃんの足元には何かが、転がっている。






 大きな赤く、黒いもの。

この作品のキーワード
お兄ちゃん  ヤンデレ    兄妹