「遥ーあたし掲示板見れる」



「えぇっ!?」



急に人口密度の多さではなく、緊張感に締めつけられる。麻衣と同じクラスになれますように。あと…瀬川くんともなれるといいな。



「えっと遥は2組であたしは…」



「『あ…あたしは』?」



「…あたしも2組」



わーいっとハイタッチをし合ったあたし達。やったぁ、3年生でも麻衣と同じクラスだ。



「あ…あのー麻衣…」



「ん?」



「せ…瀬川くんの…クラスはわかる?」



麻衣と同じクラスになれて嬉しいけど、まだあと1つ不安なことが残っていた。



「それはやっぱり自分で探しな」



麻衣に引っ張られて、掲示板の前に立たされた。一気に心臓が飛び跳ねる。そして心臓を落ち着かせて瀬川くんの名前を探し始めた。