私は、あの時まだ15歳だった。

彼氏も出来て、高校も決まって、人生これから。


そんな時だったのに。


ねぇ、どうして?
どうして私の未来を奪ったの?

ずっとそう思ってた。


幼かった。忘れて欲しくなかった。


15年後の、同窓会。


私はひっそりと参加した。



愛する人に、会うために。



*―episode 1―に登場した、未葵siteの物語です。

そのまま読んでも分かるようになっています。

―episode 1―から読むとさらに分かりやすいかもしれません*



この作品のキーワード
ずっと  死後  同窓会  思い出  生死  不思議  奇跡  笑顔  想い  時空