あの出来事は、もしかしたら夢だったのかもしれない。

そう思い込みたいほど、長いようで短い彼らとの暮らしは色濃く彼女の胸に残る。



幸せだった?

辛かった?


誰かに、そう聞かれたら、彼女は今なんて答えるだろうか。


新撰組と誠の道を歩んだ一人の少女は、大人へと成長し少しずつ過去を振り返ろうと


ある大木の下に立つ。



見上げた大木は、何かを語りかけるかのようにそよそよと風に揺れていた。



「みんな…私帰ってきたよ」


彼女は静かに瞼を綴じた―――



.

この作品のキーワード
新撰組  新選組  幕末  逆ハー  時代・歴史  純愛  恋愛  土方歳三  沖田総司  永倉新八 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。