お兄ちゃん。

大好きなお兄ちゃん。

さようならが
言えなくて…
声を思い出せなくて…
ごめんね


顔はね、
何となく記憶に残ってる
写真を見て思い出してる


大好きなのに
記憶が薄くなっちゃう



それは私が
9歳の時の話



ノンフィクションです

名前は変えてあります。


2010年
12月24日*完結
2011年
4月30日*内容追加

この作品のキーワード
heaven  病気  ハンデ  優しい  思い出  実話    将来の夢  特別支援  記憶