そして



転校生の彼が保健室の場所を知るよしもなく……まぁ、仮病だけど……。



あっさりと保健室の前を通り過ぎると、階段をぐんぐんと上がって行き、着いたところは屋上だった。



だけどあたしに一度も訊ねることなく、まるでこの場所を知ってるみたいに迷うことなくここまで来た。



「それじゃあ再会のキスでもしとくか?」



あたしを抱き上げたまま美形の顔でニヤと笑う。



「誰が……っ!」



ほんとに近づいてきた真神十夜の顔を慌てて手でガードする。



「もうしてるだろ?………昨日。」



そう言ってあたしを意味深に流し見る。



その意味にピンときて、呆れた顔で口を開いた。



「もしかしてあたしの顔舐めたこと言ってんの?

あんなの無効で…―って…やっぱりあんたなんじゃないっ!!」



思わずビシっと指差すと、真神十夜は楽しそうにククっと笑って



「おまえほんとに面白ぇな。

……普通もっと怖がったりしないか?」



黒くて澄んだ夜色の瞳を好奇心いっぱいに煌めかせて、あたしの気持ちを探るようにこちらを見る。



「最初はちょっと恐かったけど、あたしを助けてくれたし…今は別に怖くない」



つぶやくように言ったそれは、意地っ張りなあたしの強がりもほんの少し込められていたけれど…



「そうか…。」



「………!」



真神十夜は微かに笑い、どこかほっとしたような顔をした。








この作品のキーワード
切ない  一途    運命  イケメン    花嫁  溺愛  人狼