「まちやがれ……っ!………この……っ」



「無理ーー!!」



――――バタバタバタ……!!



学校の廊下に響き渡る足音。



あたしはあたしを追いかけてくる男から必死で逃げる。



「こらぁー!廊下走るな~~っ!!」



途中、数学の竹田先生に見つかって怒鳴られる。



「ごめんなさぁい!!」



一応で謝りつつもあたしの足は止まらない。



すぐそこに迫ってくるもうひとつの足音を聞いて、慌てて使われていない第5音楽室に避難する。



それからキョロキョロとうまい隠れ場所を探して、使われていないオルガンの下にうずくまった。



でも…まだ安心は出来ない。



ヤツは恐ろしいほど勘も鼻もいいから。



思えば初日に何の迷いもなく屋上にたどり着いたのだってその《直感》があったからだ。



それにしても……



しつこいよ~…。



アイツほんとにしつこいよ~…。



そう思いながらひとまずほっと息をついた。



だけど










「見つけたぞ。」



「………ぎ……」







この作品のキーワード
切ない  一途    運命  イケメン    花嫁  溺愛  人狼