それは思いもよらないことだった。



「十夜の家に……!?」



「そう。今度の日曜日。」



十夜はそう言うと、にっこり笑った。



え、笑顔がまぶしい!



付き合ってから初めて十夜からのお家ご招待……!



今度の日曜日…今日は金曜日だから



「あさって!?」



急な話しにあたしの声は上擦っていた。



「……いやか?」



「………っ!?」



その…っ!捨てられた子犬みたいな目は反則………っ!!



キュ~ン…と聞こえてきそう………。



垂れた耳としょんぼりしたしっぽが見えるよう………。



「………お…っ、おじゃまさせていただきます………っ!!」



あたしの心はあっさりと折れた。



「そうか……!

みんな楽しみにしてるんだ。俺も楽しみにしてる」



にっこり。



ピン!と立った耳とぶんぶん振ってるしっぽが見える。



「…………。」









あれ……?今………











「………みんな…?」







この作品のキーワード
切ない  一途    運命  イケメン    花嫁  溺愛  人狼