彼は最悪の嘘つきだ。



だけど私はなぜか今日も

彼の隣にいる。




この作品のキーワード
年の差  年上    殺し屋  高校生  トラウマ  過去  幼なじみ  俺様  詐欺師