高校一年の冬休み。



ピリリリ…ピリリリ



こたつでダラダラとみかんを食べていた私の携帯に、着信が入った。



「え、航(わたる)?」



電話は、幼馴染の航からだった。



「もしもし。どうした?」



『いやいや、まずは年始のあいさつからだろ!?あけおめ』



「あ、うん。ことよろ!で、何?」



『いや、お前今暇?俺家に帰ってきてるんだけど、一緒に初詣にでもいかね?』



「なんで急に……」



『どうせ、お前の事だからゴロゴロしてるだけだろ?いこうぜ!30分くらいしたら迎えにいくから』



「まあ、いいけど」



『お前、一年ぶりくらいに会うんだから、もうちょいやる気だせー!じゃな!』



プッ…ツーツーツー




この作品のキーワード
ちゅうとキス  淡い恋  幼なじみ  初キス  甘々  短編  青春  初恋  キス  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。