部屋に戻ったときに待っていたのは、お父様とお母様のお叱りの言葉だった。


逃げ出したから、当たり前だけど。


でも、お父様とお母様から離れたくなかっただけなの。


「私は、お父様とお母様とずっと一緒にいたいの」


暫く黙って叱られていると、最後にお父様が「何か言いたいことはあるか?」と尋ねてきたから、そう答えた。


すると、お母様は着物の袖で顔を隠してしまった。


お父様は、真剣な顔を私に向ける。


「お市、そなたはまだ幼い。父や母を慕う気持ちもわかる。
しかしな、これは定めなのだ。
織田家と縁戚関係にある私たちの定めなのだ」


「だからお市、定めと思い織田家のためつくしなさい」


この作品のキーワード
戦国時代  織田信長    恋愛  禁断  義兄妹  切ない  歴史  戦国  武将