彼はあたしに優しく嘘を吐く。

『俺はお前だけだから』

『お前以外考えられないから』

いつも優しく嘘を吐く彼をあたしは、大好きだった…。


嘘を吐く彼でもあたしは…

許すしか出来なかった…。


見逃してたの…彼の浮気を……―――。


彼は今日もあたしに優しく嘘を吐く……―――。

この作品のキーワード
  浮気  最低  裏切り    優しく