触れた手は、思っていたよりも大きくて強くて


だけどもどこか弱々しくて



決して離したくはなかったのだけれど





どうやらあたしには



その手は大きすぎたようで。









‐終業チャイム‐





「先生、」



愛しさが込み上げる。




許されないのであれば、


どうかこの時間が終わるまでは



小さくて弱いあたしの手に、すがりついたままでいて。




‐‐‐‐‐
水野ユーリ様
喜色~きいろ~様
蒼井深可様
。・★愛姫★・。様

素敵なレビューありがとうございます!

‐‐‐‐‐
4/24~5/1
野いちごオススメ小説として紹介していただきました

おかげさまで読者数20名突破!

この作品のキーワード
先生×生徒  妻子持ち  ほろにが  学校  補習  片想い