社長の秘書になって一月がたっていた。



秘書室の中では一月も続くあたしのことを妬ましく思う人もいた。



いじめとかにあっていないけど。





「辻井さん、これお願い」


「はい」




社長に『お願い』とだけ言われ渡された書類を持って常務の部屋へと向かった。



最近じゃ『お願い』や『頼む』と言われただけで、ある程度なにをすればいいか判断できる。




この作品のキーワード
オフィスラブ  社長  部下  上司  イケメン  OL  秘密  二重人格  同居  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。