社長はどこまでもスマートな人で、抱きしめて好きだと言われたことなんて夢だったんじゃないかと思うほど、普通に接してくる。



あたしの方が意識してしまってる。





「辻井さん、明日の徳井商事の創立記念パーティーだが、君も同行して」


「はい、かしこまりました」




あたしはそう言って社長室を出た。



そして翌日、社長と一緒に徳井商事の創立記念パーティーにいった。





この作品のキーワード
オフィスラブ  社長  部下  上司  イケメン  OL  秘密  二重人格  同居  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。