襟に掛かるくらいの
真っ黒の髪に
一重だが綺麗な切れ長の
目を持ち綺麗な真っ黒の
目を持っていた1人の男が座っていた。


今にも吸い込まれそうな
目を持ったその男は
「座れ。」とだけ言った。


これが貴方と私との
出逢いだった。