「ハァ、ハァ……」

私はどれくらい走ったのかな?


さっきのみんなの言葉が頭の中で繰り返される。


女だから拒絶された。
女がなんで剣を持っちゃいけないのよ!!



なのに………

「ッ…………」

泣きたくなるの?


「アンタなにしてんのさ?」


「……関係なくない?」


「じゃなんで泣きそうな顔してんだよ!!!」


「だから貴方に関係ないって言ってんじゃんか!!」


お互い睨み合い
先にしゃべったのは


「ハァ…俺は古町亮太。
アンタの名前は?」

えっ?

「私は藤堂莱華。」







この作品のキーワード
新撰組  トリップ  双子  ファンタジー  幕末  歴史  再会