「ねぇねぇ。
紗衣ちゃんと芹沢くん、どうしたの?
最近全然しゃべってないじゃん」


“あっつーい”と手で顔を扇ぎ、制服のジャケットを脱ぎながら、


お昼休みの教室で、みるくちゃんが聞いてきた。


「前は、なんだかんだと理由をつけて紗衣ちゃんを呼んでたのに。
それが最近、ぱったりだよね?」


「…っ」


“ちゅぅ”と、ストローをさしたパックのミルクティを飲みながら、


みるくちゃんは、ゆるーい、可愛い笑顔で小首をかしげる。