「お……じゃましまーす……」





「ちょっと散らかってるけど、どうぞ」




とりあえず、あのままあそこにいるわけにもいかず……部屋に真希を上げて、にこりと微笑む日向。




リビングに真希が入ったのを確かめて、あたしはぐいっと日向を隅っこにひっぱる。




「部屋にまで連れて来ちゃって……どーするのっ!?」




「どーするもなにも、説明するしかなくね?」




「……だよね………」




日向の事務所からだされた条件。




『絶対秘密にすること』




これが守れなかったら、本当にあたしたちどうなっちゃうんだろ……。




「だ、だいたい日向があんなとこで抱きつくからっ……(泣)」




「新婚がいちゃついて何が悪いの〜。大丈夫、俺が絶対なんとかするって」





そう言った日向は、やっぱり頼りになる。







この作品のキーワード
新婚  俳優  キス  甘々  ラブラブ  浮気  ライバル  年上  年下  同棲