やっと日が落ちた夜道を足早に、先生に指定された場所へといった。



そこにつくと、白い車にもたれるようにして立ちタバコを吸っている先生の姿があった。



あたしが近づくと先生はあたしに気付き、タバコの火を消した。





「遅い」


「これでも急いできたのに」


「ああ、予想より早かった」






いったいどっちなのよ?


確かに電話をもらってからじゃ、30分くらいたったけど。




この作品のキーワード
先生  教師  生徒  切ない  愛人  不倫  禁断  秘密  契約  イケメン