夏休みに入った。


部活もしていないあたしが夏休み中に学校へ行くことなんてない。



だから、もしかしたら夏休みの間は先生に会えないのかもしれないと不安な思いをもっていた。



でも、夏休みに入って3日目の夕方に先生から電話がかかってきて呼び出された。



あたしはすぐに支度をして家をでて、この前の待ち合わせの場所へと向かった。





この作品のキーワード
先生  教師  生徒  切ない  愛人  不倫  禁断  秘密  契約  イケメン