私は透明人間だった…

誰にも気付かれず生きていた…

誰か私を見つけて…

目次