立った途端に、目の前を白い直線が走る。

なぁ~んも見えんかった。

……課長。

女だからって、手加減しないつもりなんですね。

それなら、私だって、本気で行かさせて頂きます!!

目を開いても何も見えないんだったら、と、次の2球目を、目を瞑って思いっ切り振り切る。


カキィィィィィ……ン!


手応えを感じると同時に、「おおっ~!」と言うどよめきが周囲から起こる。

そして、次の瞬間、また別のどよめきが起こる。

「えっ!」
「うそ!!」
「おおっ!」
「キャーーッ!!」

……何?

この反応は??

恐る恐る、目を開くと課長がマウンドでうずくまっているのが見える。

「課長!どうしました?」

バッドを投げ出し、マウンドに駆け付ける。

「大丈夫か!?奥田君」と、なぜか笑ってる部長。

「あれは痛いぞ~」と、眉をしかめる吉田さん。

「杉原さんの査定が」「査定が……」と、どよめく周囲の声声声。

一体何が起こったの?

訳も分からず、課長の顔を覗き込む。

「課長、大丈夫ですか?」

課長は歯を食いしばりうずくまったまま、声も出ない。

しかも、脂汗が出てる。

私が返したピッチャー強襲のライナーが課長のどこかに当たったらしい。

「課長!今、冷却スプレーを!」

急いでベンチに戻ろうとする私の肩を部長ががしっと掴む。

部長は伏し目勝ちに、ふっと溜息を吐く。

「そっとしておいてやりなさい。いや、彼はもういいから、杉原君、車で送って上げたまえ」

「い……え、部………ちょ……彼女、の、運転だけ……は」

呻くように答える課長の顔は、ものすごい汗だくだ。


私のせいだ。

ものすごく責任を感じる。



「はい!分かりました。部長!私、責任を持って課長をお宅までお届けします!」


私は急いで課長のバッグを肩に担ぎ、運転席に乗り込む。





この作品のキーワード
上司  課長  新卒  年の差  新人  キス  ラブコメ  社内恋愛  OL  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。