私の頬には知らないうちに涙が伝っていて、

私はそのまま、2人とは逆の方に走って行った。



「………はぁ、はぁ」


着いた先は、屋上。


私はその場にヘナヘナと座り込み、


「…ぅっ」


頑張って声を押し殺しながら泣いた。



―――タンタン



階段を上ってくる音が聞こえたから、私は急いで逃げようとした、が
遅かったみたいだ。


「いきなり逃げんなよな」


私は達也に後ろから抱きしめられていた。


「だっ……!だって」

「だって、じゃねぇよ」


この作品のキーワード
甘々  草食系男子  肉食系男子  天然  勘違い  キス  短編  甘い