彼女は信じられないとでも言う様に目を大きく見開いて先輩を見ていた。

「そんな…、そんな訳が」

「今まで気持ちを抑えて来たんだ」

「だって、あなたは私に興味がないってあの時言ったでしょう?」

「あの頃はね。あれから君を少しずつ意識し始めたんだ」

「そんな…。今更そんな事を言われても。
私は今は浅香さんが好きなの…」

「浅香くんは君のものになりはしないさ。
君も昨日見ただろう。
彼が現れるだけであれだけ周りが騒がしくなるんだ。
苦労するだけだよ」

「俺は興味がない」

俺を差し置いて勝手に決めるな。

大体、何の話をしてるんだ?

「君はそうでもね。分かるだろう、自分でも」

「俺がそうさせている訳じゃ…」

「いや、君がそうさせているのさ。君の外見で有名大卒のエリートとくれば誰だって興味を持つ。

失礼は承知だが、言わせて貰えば君だってそれなりに女に不自由はないだろう」






この作品のキーワード
王子様  オフィスラブ  イケメン  社内恋愛  甘々  社内  美形