「先生って意外とエロいんだぁ」


夏川の体を拭こうとした時に言われてしまった。


いたずらっぽい顔をして、不謹慎なことを言われる。


「お風呂、入れないからの打開策ですよ。一応は水道を通っていて、病院だからこそ湯船もありますが……今、あなたを逃がすわけにはいきませんから」


制服のシャツボタンを脱がそうとすれば、身をよじられた。


「汚れたままでいいのですか」


「初めては好きな人に見せるんだから」


「どんなプライドですか、それは」


まあ、嫌なら仕方がないかと手を引っ込めた。


この作品のキーワード
先生  生徒  鬼畜  監禁  洗脳  保険医  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。